タウンライフ資料請求を利用して家を建てることに

今から2年前のことです。

 

私の結婚が決まったと同時に、親が暴走して、
「家を建てる!!」
と言い出したのです。

 

きっと結婚のことで、浮かれてしまったのでしょう。

 

当時も戸建てに住んでいましたし、特に新しく家を建てる必要はなかったのです。

 

結婚式でお金がかかるなか、ローンを組む必要性があるとも思えません。

 

もちろん家族は猛反対です。

 

私も、ほかの家族も全員が反対しました。

 

しかも建てたのは実家とは別の場所なので、維持費も2倍かかってしまいます。反対して当然でしょう。

 

しかし、我が家は母親がどうしても止まらないタイプの人間で、勝手にタウンライフで資料請求して工務店を決め、勝手に銀行でローンを組んできてしまったのです。
工務店
出典:工務店の選び方

 

こうなると、どうしようもありません。

 

まさか母親だけの収入でローンが通るとは思いませんでした。

 

ところが、しかも数年後には母親が仕事を退職。

 

「あとはローンもよろしく!」と宣言されてしまいました。

 

そんなわけで、ある日いきなりローンを含めた維持費の支払いが始まり、いつでも家計は火の車です。

 

銀行の契約にも立ち会っていませんし書類も見ていないため、家のローンを、高いか安いかも知らないまま払っています。

 

まだまだローンは続きます。

 

正直に言えば、あまり有難い話ではありません。

 

こういうものは自分の意思で決めるのが正解だと思うからです。

 

とはいえ、そういうタイミングでなければ、生涯、新築の家を建てて住むことはなかったかもしれません。

 

自分の収入から考えるとローンは高額ですし、本当に困ってはいるものの、こういうことがなければ、家を持つことがなかった気もします。

 

そう考えると、勢いも大事かもしれませんね。

 

家自体については、注文住宅ですし比較的気に入っています。

 

なお、100坪ほどの土地に建っている小さな家ですが、予算よりは高かったと聞いています。

 

頭金もなくローンを組んだようです。

 

この先も、まだまだ続くローン、うまく付き合っていくしかなさそうです。

マイホームを建てました

私が建てたマイホームは坪数は53坪、建物価格は2600万、土地価格は700万程です。

 

家を建てると決心したきっかけは子どもがうまれ、アパートが手狭になったからです。

 

タウンライフ資料請求をきっかけにハウスメーカーや小規模の工務店、中規模の工務店など色々なところにお話を聞きにいったり、見積りをしてもらいましたが、結局は土地から探し、その土地の建築条件の工務店でたてることにしました。

 

価格は想定内におさまりました。

 

予算を2600万程で伝えると、希望にあうように提示してくれました。

 

憧れの広い土間収納、可動棚つきの収納がたっぷりできる洗面所、少し広めのトイレにしてもらい、とても満足しました。

 

そのかわり、リビングは少し小さくなりましたが大満足です。

 

インスタで好みの家を探したり、実際に散歩にいってどんな色合いの外観にするか考えたり、たくさん情報収集をしました。

 

気に入ったものは写真をとったり画像をあつめて、携帯のアプリでフォルダ別に保存しました。

 

このみの外観、インテリア、外構、壁紙、くまなく調べました。

 

参考:平屋 ローコスト

 

庭の手入れは面倒だと思うタイプなので、表側の庭はすべてコンクリートにして、手入れがいらないようにしました。

 

そのかわり、裏側には小さな庭をつくり、そこでこどもとシャボン玉をしたり、バーベキューをしています。

 

郵便ポストは、人とあまりかぶらないように近所の家のポストをみて決めました。

 

おしゃれで、かかちんと鍵もかけられるポストにして、プライバシーが守られるようにしました。

 

コンクリートの目地には色のついた石をしきつめ、おしゃれな雰囲気になりました。

 

部屋のライトにもこだわりました。

 

派手すぎず、目立ちすぎない、でもおしゃれな可愛いライトにしました。

 

コンセントの位置にもこだわりました。

 

土間収納には靴の乾燥機を使えるようにコンセントをつけました。

 

トイレにもつけました。

 

もし体調がわるくてトイレにこもらないといけなくなったときに、扇風機やヒーターをつけられるようにするためです。

 

コンセントは多ければ多いほど便利だと思います。

 

実際に多めにしても、家具で隠れたりするので。

 

あと、壁紙は何ヵ所かアクセントクロスをしました。

 

飽きないように薄めの色です。たくさんの思いがつまったマイホーム、とても快適です。

ページの先頭へ戻る